スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ   

スポンサー広告      ページトップ▲
 
 

引越しは金がかかるよのう

先日の連休は地元の友人女ばかり4人ほどで
私の仮住まいになる家をお披露目(?)ちゅーことで
鍋パーティーをやりました。
まだカーテンもかかってない寒い部屋で
しかも超ボロ…いやいや古いお家なので
スキマ風ビュービューの暗い部屋で
女4人で鍋囲んでビール飲んで
気がつけばみなで杉良太郎を口ずさんでいました。
地元友人は高校の同級生なんで同じ年なわけですが
全員未婚っていうのはどういうことなんでしょうか。
アラフォー4人で「人を愛して~~♪」とか
ブツブツ歌いながら鍋つついてるのってどうなんでしょうか。
みんなが引越し祝いにカニ買ってきてくれて
腹いっぱいカニが食べられたのでまあいいや。


11月30日までに
家を空にせねばならないちゅーことで
現在、色々いろいろ佳境です。
色々いちいちめんどくさくて死にそうです。
簡単引越しパックとかで全部おまかせ~で
ドラえもんが運んでくれたらどんなに楽かしれませんが
それをやるには果てしない金がかかるので無理です。

しょせんドラえもんも金次第なのよ。フッ。


今日は引越し先の役場に
転入届けを出しに行きました。
そしたらなんか銀行みたいに窓口が
ずらーーーっとならんでて
番号札をとって待合室(広い)で待っていると
順番になると壁にある電光掲示板に
自分の番号が出るんですよ。
なんてハイテクな役場なんでしょう!
転出届けを出しに行った私の地元役場なんて
そんな番号札やら電光掲示板なんてもんはなくて
ていうか他に誰もいなくて30秒で受付できたのに
引越し先の役場は激混みで30分は待たされましたよ!
おかしいなあ。
一応23区から首都圏近郊田舎への引越しなのになあ。
23区の某区の方が余裕で田舎役場っぽくて
近郊某市の方が全然ハイテクで近代的だったよ。
私はすっかりおのぼりさん状態だったよ。
不思議だなあ。

それにしても、
立ち退きにあたり多少は引越し資金が出たのですが
多少すぎて新居決めたらほとんどなくなってしまったので
結局いつもどおりの貧乏生活中の引越しなわけですが
やれ粗大ゴミだ、やれリサイクル料金だ、
やれアレ買ったりコレ買ったりと、
なんだかんだコマゴマと結構なお金が出て行きます。
今まで財布の中の小銭まで全てを把握した上で
1円単位で考えつつ買い物するような貧乏生活だったので
一つ一つはたいした金額ではなくても
コマゴマしすぎて全てを把握しきれないまま
どんどん財布から金が出て行くという
この状況が怖くて仕方ありません。
早く引越し終わってとっとと元の生活に戻らないと
恐怖で髪の毛と下の毛が全部白髪になってしまいそうです。
コワ~~~~。
スポンサーサイト
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ   

日記のようなもの  コメント0  トラックバック:0  ページトップ▲
 
 

古家改造計画

1ヶ月弱ほど仮住まいが必要な私に
社長が貸してくれた家は
なんつーかかんつーか……
とってもステキな……廃墟?
いやいやいや……ボロ家?
いやいやいやいや……
えーと……古家?
崩壊寸前?傾いてる?つか
まあなんつーかそんな感じの家で
ちょっと廃墟マニア入っているワタシ的には
心ウキウキな物件なのですが
掃除手伝いに来てくれた弟は
一目見て一言「これ人が住む家じゃねー」と……
いいんだよ!仮住まいだし!
雨風がしのげて水が出て電気がつけば
十分なんだよ!贅沢ゆーな!
それにしても、社長やご近所の人が言うには
ついこないだまで前の住人が住んでいたハズなのに
なんでこんなに廃墟なのかとっても謎です。
前の住人って一体……????

とまあ、がんばって現在、掃除したり
壁の穴を埋めたり
ふすまの穴を修繕したり
歪んで動かない引き戸にカンナかけたり
窓にカーテンレール(買うのもったいないので
今の家からはずして持っていった)をつけたり
照明器具をつけたり(部屋の器具が全部取り外されていた…
買うのがもったいないので以下同上)
そんな感じであちこち直したりして
なんとか住めるまでに復旧すべくがんばってます。
なんでたかだか1ヶ月弱の仮住まいの為に
こんなDIYしまくりでがんばってんのか
よくわかりませんがw
まあ結構楽しいですよww
あとは流しの水道の蛇口がダダ漏れなので
あれをなんとかせねば……!

まあ普通の借家だとDIY出来ないもんなので
その辺「もう好きにしていい」と言われているので
気が楽ってなもんですよ~~……って
もしかしてこの自己修繕が
社長の思惑なんじゃないだろうかとか
ちょっと思わないでもないんですがww
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ   

日記のようなもの  コメント0  トラックバック:0  ページトップ▲
 
 

貧乏体質が憎い

私は汚部屋体質ではなくて
どちらかというと片付け魔なのですが
それとは別のベクトルで
典型的な「物が捨てられない」貧乏体質です。
長い貧乏生活で培われてしまっているので
もうどうしようもないような~~

というわけで今日は一日
引越し荷物を作っていたのですが
どーにもこーにも物が捨てられなくて
ちっとも片付きません。
でも「まだ使えるかも~~」とか
「引越し先で使うかも~~」とか思うと
捨てられないんですよ。

トイレのつっぱり棚とか
重ねるステンレス棚とか
お風呂の脱衣かごとか
洗濯ものかごとか
傘立てとかバケツとかごみ箱とか
ステンレスのお風呂棚とか洗面器とか
etc.etc. そういうかさばる日用品に困ってます。

そんなんは普通は引っ越してから買いなおす
もんなんじゃないかとも思うんですけども~~
そういうコマゴマとしたものも
全部買いなおすとなると結構かかるし~~
とか思うと
使えるものは持って行きたいという
貧乏根性がどうにもこうにもうーんうーん。

今いちばん悩んでいるのは
数年前に買ったロングブーツです。
私にしては大奮発でがんばって買ったものなので
捨てる気にどーしてもならないのです。
でも買った年以降一回もはいてないんですよね……
ていうかロングブーツって基本的に
スカート(短め)の時にはくじゃないですか。
パンツやGパンじゃはけないじゃないですか。
要するにいいかげん
ミニスカートはくような年じゃなくなった
ってことなんですけどね
このままとっておいても今後
ミニスカートをはけるようになる
可能性はまったくない
わけで、捨ててもいいんですけどね……
でも捨てられない乙女(つかオバサン)心よ~~♪
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ   

日記のようなもの  コメント0  トラックバック:0  ページトップ▲
 
 

引越しやさんの見積もり~

今日はお引越しやさんに
見積もりに来てもらいました。
さあ、いよいよ引越し気分が盛り上がってまいりましたよ。

引越しやさんは
ネットで比較見積もりをとったんですが
ものすごーく幅があったんですよ。
一番安いところは1万円台後半とかでしたが
それって……それでバイトの人件費出るのか?
とかなり不安な予感がしたのでそこはやめて
そこそこ真ん中ぐらいの値段で
メールの内容がいい感じだった
聞いたことある程度には有名な会社に
電話をかけて来てもらいました。

んで荷物を見てもらって~
2トントラックにつめるだけつんじゃえコースで
いけそうだよ~と言う事で
その場で見積もり金額を出してもらったのですが…
11月末を希望しましたら
なんかそこらへんものすごーーーく混んでるんで
高いよ?とか言われてしまって
出た金額が……


目玉も飛び出す金額


見積もりに来た営業さん曰く
ネットの見積もりは日程の割引率とか関係なく
一番安い金額を提示するので
あてにならないんだそうです。
ああそうですか。
でもそんな金額払えません。
ない袖は振っても出ません
ごめんなさいさようなら。
と情けなく申し訳なさげに言いましたら
その営業さん「んじゃいくらならOKです?」と。
そこで、
ネットでは最安値は1万円台だったと
まあでもそれはあんまりだと思うんで
最初にネット見積もりで提示されたくらいだったら
いいかな~~~とかなんとか言ったら
その場で会社に電話かけて
「ネットの最安値は1万円台だった」とか
上司と交渉してくれて
私の希望日は混んでるんで丸一日だと難しいけど
引越し先も近場だし午後からの第二便でいいなら、と
ほぼ私の希望金額でOK出てしまったんですよ。
目玉飛び出た見積もりの半額以下…つか1/3くらいですよ。

引越しやさんの見積もりの

なんといいかげんなことよ。


みなさん、引越しやさんを頼む時は相見積もり必須ですよ。
指値すれば通っちゃうみたいですよ。
もしかしたらもっと安値でもいけたかもですよ。
引越しやさんなんて頼んだ事なかったんで
どうなのかしら~と思ってたんですが
そんな適当料金体系だなんてびっくりですよ。

まあそんなこんなで
予定よりちょっとだけ高くなったけど
まあ誤差範囲くらい~の金額で
希望日にお願い出来る事になったので
とりあえずは安心です。
良かった良かった。

ところで、引越しやの営業さんに
「何か質問ありますか?」と聞かれたので
「神棚ってどーしたらいいんでしょうかね?」と聞いたら
「申し訳ないけどわかりません」と。
とりあえず近所の神社で聞いてみるといいんじゃね?と
そういう話になったわけですが
まあそりゃそれが確実だけどーさー
プロの引越しやがわかりませんてどうなのよ?
よーよー。引越しやの営業の若い兄ちゃんよー
もうちっとがんばって勉強せえよ。

それにしてもプロの引越しやが知らないくらい
今時の家には神棚なんてないのか?
……だよなあ。なさそうだよなあ。
マンションとかだと確実になさそうだよなあ。
別に信心深くもなんともない我が家に
何で神棚なんてあるのか
そっちの方が謎なんですけども……
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ   

日記のようなもの  コメント1  トラックバック:0  ページトップ▲
 
 

クビになったのに社宅(?)

引越しをするよーと社長に言った翌日
会社に行くと、私と一緒に仕事をする事が多い
姉さん(つっても私より年下なんだが)が開口一番
「引っ越すんだって?んで辞めるんだって?
送別会いつやる?

送別会の前に言う事あるだろ…?
本当にお前らは
酒飲むことしか考えてねえな~

って、まあそんな職場なので気が合うんだろうけどもww

ところで、あれから急転直下の大展開がありまして
社長の所有物件を借してもらって住む事になりました。

説明すると長くなるんですが
私は今の家を11月イッパイで立ち退かなければならなくて
引越し先を探していたところ超気に入った物件を見つけて
イキオイでそこを契約したのですが
そこは11月末から12月半ばまで工事の予定があって
それが終了しないと入居出来ない物件だったのです。
でも気に入ってしまったのでしょーがないなと
とりあえず荷物はレンタルコンテナにでもぶち込んで
工事が終わるまでは友達んとこ転々とするか
ウイークリーマンションでも借りてやりすごそうと
まあそのようなことを考えていたのです。
……というのを社長に話したところ
な、な、なんと
社長が去年、不動産投資目的で買った
店舗付き一軒家の物件が会社の近くにあって
そこが買ったはいいけど住民がごねて居座り続けてて
それがつい先週、やっと完全に退去してくれたと。
んで現在空き家で、まだこの先どうするか考え中なんで
1ヶ月くらいだったら勝手に使っていいよ~
電気と水道とガスは実費で払ってくれたら
あとはどうでもいいよ~、と。

なんですかその超グッドタイミング&超好条件


とかいうわけで
現在すでに鍵ももらっていつでもそこに引っ越せる状態です。

なんですかねコレは。
社宅?みたいな?ちょっと違うけどまあそんな?
クビになったはずなのに
会社から徒歩数分のところに家借してもらって
これから1ヶ月は優雅な出勤ですよ?

実は引越し先についても
一目ぼれに近い状況で見つけたのはいいけど
最初はちょっと条件が折り合わず半ばあきらめていたところ
不動産屋さんの努力のおかげでなんとかなってしまったという
かなりラッキーな感じで決まった感があったりして
ここんとこ運が激烈に向いてきている気がします。

そしたらここであれですね

年末ジャンボで勝負

やっぱり?
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ   

日記のようなもの  コメント0  トラックバック:0  ページトップ▲
 
 

昇給したのにクビになった…

今日、仕事が終わって帰ろうとしていたところを
社長に呼び止められた。
何かと思ったら、な、な、なんと
私の働きっぷりがいいので
来月から1万円給料をあげてくれると言う。

な、な、なんですと~~~~!?

マジメに働いていれば
見ていてくれる人はいるんだなあ!
ていうか、ありがとう社長!
やったー!ばんざーい!

と浮かれたついでに
「実は今月末に引越しをするんです」
と引越し話を切り出してみた。
今の仕事は不定期短時間の不安定職なので
メンバーのほとんどがご近所の主婦の職場。
なので交通費支給なんてもんはない。
みんな普通にチャリンコか徒歩で来るからだ。
「給料あげてもらえるとそれを定期代に出来るから助かるわー」
と、私はそう言いたかったのだ。
と、こ、ろ、が……
引越し先を聞いて渋い顔になる社長。
「それ遠すぎない?」
たしかにちょっと遠いが
それにしたって1時間はかからない。
せいぜい3~40分だ。
十分通勤可能範囲だと私は思っていた。
しかし社長は
「そんな遠くから交通費かけてまで来て
やる仕事じゃないでしょう」と言う。
まあ確かにそう言われればその通りなのだ。
いかにも主婦の片手間にやるような仕事だし
誰にでも出来る単純作業だし
何より仕事の量が不安定で短時間。
稼ぎも主婦か学生の小遣い程度だ。
私はもともとダブルワークするつもりだったし
仕事内容も職場の人間関係も気に入っているので
やめたくないんですけども…と社長に言ったのだが
社長は「引越し先の近くで仕事を探した方がいい。
仕事が見つかるまではうちに来てくれていいから。
交通費も出してあげるから。
でも12月いっぱいを目処にそっちで仕事を探しなさい」
と言われてしまった。

それって12月でクビってことかしら?
いや、クビとはちょっとニュアンスが違う気がするが
それにしてもまあ結論はクビだよなクビ。
せっかく昇給したっていうのに
昇給の話の5分後にクビになるとは思ってなかったぜ。
チクショー。

いやでもやっぱり社長はいい人ですよホント。
出来たらやめたくないんだけどなあ。
「新しい仕事なかなか見つからなくて~」とか言ってたら
なし崩しに続けられないかなあ。
うーんうーん。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ   

日記のようなもの  コメント3  トラックバック:0  ページトップ▲
 
 

故郷

私は東京生まれの東京育ち
今住んでいる実家はじいちゃんの代から住んでいる。
じいちゃんは入り婿でもともとばあちゃんの実家が
地元で事業(つか町工場)をやっていてそれを継いだ。
んでばあちゃんの実家がいつからこの辺に住んでたのか
もはや私は知らないが
まあ明治以前なことは間違いない。
んなわけで私は余裕で三代以上住んでいる
紛う方無きちゃきちゃきの江戸っ子だ。

私が産まれた頃、このあたりは普通に下町だった。
近所の人はみな家族みたいなものだった。
家の戸や窓に鍵をかける習慣もなかった。


それが今はどうだろう。
バブルの頃、相続税が払えないだとか何だとかで
広い家や土地に住んでいた人たちは
どんどんどこかへ行ってしまい
その土地にはオシャレなマンションが建ったり
分割されて小さな建売住宅がごっそり建ったりした。
そして気がつけば
都心の高級住宅街としてちょっと有名にまでなっていた。

そんな高級住宅街に引っ越してきた新しい住人たちは
みなそこそこの金持ちで
そこの子供たちは私立の幼稚園や小学校に通うのが当たり前。
地元小学校はどんどん学級数が減り隣の学校と合併されてしまった。

新しい住民たちと古い原住民たちは仲が悪かった。
というより、新しい住民たちは近所づきあいをしなかった。
地元の神社のお祭では神輿の担ぎ手がいなくなり
今ではよそから人を借りてきている。
この間のお祭では浅草(結構遠い)から援軍が来ていた。
さすが浅草にはまだまだ神輿野郎がいるらしい。
(ていうかリアル両さんかwww)
子供神輿や山車なんか悲惨なもんで
家の前を通っても静か過ぎて気がつかないくらいだ。

そんな私の生まれ故郷の町で
おととい、奇妙なものを見た。
仮装した子供たちが
数人の大人に連れられて集団でぞろぞろ歩いていたのだ。
そう

ハロウィンの仮装行列だ。


お前らなあ米国かぶれもいい加減にしろよ、と。
地元神社の子供神輿は担がないくせに
何がトリックオアトリートだふざけんな。

ホンマにアホちゃうか

と思ってよくよく見たら、その子供集団は
半分くらいマジモンの金髪茶髪の白人のガキだった。
いや……最近この辺外人多いな~とは思ってたけど
まさかそこまで増えていたとは……


もうすぐ私はこの生まれ故郷の町から出て行く。
しばらくしたらきっとここは全く私の知らない町になっているだろう。

なんかもーどーでもいいよ

勝手に変わっていけばいいさ知った事か


……とハロウィンの行列を見ながら私は思った。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ   

日記のようなもの  コメント3  トラックバック:0  ページトップ▲
 
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まはろ

Author:まはろ
「いつの日かハワイ永住」を夢見て生きる30代独身フリーター女。負け犬と呼ばれてもちーともへこたれないむしろ上等かかってこいやゴラァ


■ 座右の銘
「明日の為に今日も寝て、今日の為に明日も寝る」
by大山昇太(男おいどん)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
Google
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS/QR
QRコード
いろいろ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。