スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ   

スポンサー広告      ページトップ▲
 
 

人間の世から差別は永久になくならない

さっき、元上司の事を書いた記事をUPしてから
つらつらと色々考えた

「私は親会社から来たのだからあんたたちより偉い」
なんて一緒に働く仲間に向かって言えてしまうんだから
きっと彼女は本当にそう思っているんだろう。
普段から思ってなきゃ、ちょっとそんな言葉普通は出てこない。

でも「自分は周りより偉い」なんてことを
思っていなければ生きていけないほど
彼女は弱い人間なんだろうと思う。
そしてそのアイデンティティのよりどころが
「親会社にいた」事しかないだなんて
かわいそうだとしかいいようがない。

しかし
「自分はあんたたちより偉い」だなんて公言する人と
一緒に働かなきゃいけない周りの人にとっては
はなはだ迷惑な存在な事は確かだ。
毎日尻拭いで忙しい時に
そんな迷惑をかける人を「弱くてかわいそうな人だから」と
許せる心の余裕を持てというのもちょっと無理な注文だ。

では弱い事は悪なのだろうか。
そう言い切ってしまうのはやはりちょっとかわいそうだ。
心が弱い事が自業自得で悪であると考えるのは
少々傲慢にすぎる気がする。
人は誰だって弱いところを持っているし
だからこそ人間らしいとも言える。

彼女は運良く「親会社から来た」という
心のよりどころを持っていた。
人によってはそれが「学歴」だとか「資産」だとか
「容姿」だとかそういうモノであったりするに違いない。
そして何もない人は、何とか自分より下を探そうとする。
人種であったり生まれであったり国籍だったり。
それが差別というものだ。
自分より下の人間を見つけ、差別をしなければ
アイデンティティを保てない弱い人間というものは
いつの世でもある一定の割合で存在しているのだ。

人が弱い故に差別をするのであれば
人が人である以上、差別は永久になくならない。

なんてことをつらつらと考えた。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ   

思ったこと考えたこと  コメント1  トラックバック:0  ページトップ▲
 

Comment

私もそう思います・・・

丁度昨日、TVで三輪明宏さんが「いじめや差別をする人は、自分自身が弱くて自信がないからこそ、他人の弱みを握っていじめるのよ」というような事を言っていました。
ほ~なるほどねぇと思って聞いていました。
私はいじめっこにも、いじめられっこにもなった事があるので、その通りだと思いました。

差別はもちろん良くないです。
それは誰だって判ってるとは思うんですよね。
でも人が人と関わりを持って生きていく限り、差別が無くなる事はこの先もずっとないと思います。
悲しい事ですが・・・。
「誰かを差別しなきゃいられないほど根本的に弱い人」に多少の同情はしても、庇う事はできませんね。
無論、そういった人を完全に許せるほど、私はできた人間ではありません。
コメントする

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

まはろ

Author:まはろ
「いつの日かハワイ永住」を夢見て生きる30代独身フリーター女。負け犬と呼ばれてもちーともへこたれないむしろ上等かかってこいやゴラァ


■ 座右の銘
「明日の為に今日も寝て、今日の為に明日も寝る」
by大山昇太(男おいどん)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
Google
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS/QR
QRコード
いろいろ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。