スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ   

スポンサー広告      ページトップ▲
 
 

結末

急遽、前職場の同僚から呼び出され
酒を飲みに行った。
また例の元上司の愚痴かと
しょーがないなーと思ってたら
話は予想を上回っていた。

もう部外者の私がとやかく言える事はないので
日記に書くのは今日を最後にしようと思う。
なーんて
私が今日を最後にしようと決意しようがしまいが
今日が最後になることには変わりはない。
というのも
予想を超えたしょーもない事件が起こって
とうとう会社側がさじを投げたとのことだったのだ。
私が近所のセブンイレブンの閉店を
嘆いている場合じゃなかったのだ

私が辞めた時点で元バイト同僚は数名いたが
若い子はフットワークが軽いので
沈没船からネズミが逃げるようにあっという間にいなくなり
残された30代40代の年配2人が
「今やめられたら困る」とのことで
退職願いをずっと保留にされたままだった。
(要するにバイト全員が退職願いを出しているという
とんでもない異常事態だった)

追加募集をかけるでもなく割高の派遣さんで
しのいでいるというのが妙だったのだが
それも合点がいった。
会社は全員に退職願を出された時点で
半ばあきらめつつ様子を見ていたのだ。
そして、今週に入りとんでも事件が起きて
とうとうその部署に対し最終決断が下されたのだ。

辞めたい辞めたいと言っていた元同僚は
自動的に3月末をもって退職出来る事となった。
早く次の仕事が見つかるといいね。と言ったら
しばらくはぼーっとして休みたいわ。と彼女は笑った。
それもいいよね。うん。

昨年11月、私が無職になってこのブログをはじめた時に
「好きな職場だったからなくなってほしくない」と書いた。
でもダメだったようだ。
思い起こせば一昨年のこと。
その時職場はかなりヤバイ状態にあり
その時点でも会社は半ばあきらめ状態だった。
元上司ではなく、その前任だった上司と
バイトの私の二人だけしかそこにはいなかった。
二人じゃどーにもならないことはわかっていたのに
会社はそれ以上の増員をしてくれなかった。
人件費が割高になる派遣さんを呼ぶような事は
当然許されなかった。
負けず嫌いだった前上司と私は
冗談じゃなく朝から晩まで働いた。
二人しかいないので休みなんかとれなかった。
病気になることも許されなかった。
(私の勤務時間はバイト契約時間をはるかに超え
前上司の残業時間もとんでもない数字になり
それはそれでまた会社からは文句を言われたがww)
半年ほどして建て直しの光明が見え始め
目に見える結果を出した事によって
会社もバイト増員にようやく了承してくれるに至り
そこでまた新たな良い出会いに恵まれて
みんなでがんばって作りあげた職場だった。

まあくわしくは書かないが、その前上司は
その後来た例の元上司とまあ色々ごにょごにょあって
私の辞めるちょっと前に別の職場へ飛ばされてしまっていた。
(その後、前上司の子分とみなされていた私に矛先が移り
徐々に私のシフトは削られていき
これじゃ生活出来ないYO!と文句を言ったら
じゃあ辞めれば?という話になった……
というのが私の退職に至った顛末だった)
私が辞めた時、その前上司がささやかに二人だけの
送別会をしてくれた。
(って二人でひっそり酒飲みに行っただけなんだが)
そこで彼女は言った。
「私たちのあの1年間半って何だったんだろうね」

今、その言葉を思い出して、ちょっと切なくもなるけれど
それでも私にとっては忘れられない職場になった。
前上司と二人がんばった経験も
立ち直りかけてきた時の感激も
その後苦楽を共にした同僚仲間との出会いも
今はその全てが私の財産になったと思える。
それでいいのだー。それでーいいのだー
ボンボンバカb(以下略)


天才バカボン誕生40周年記念天才バカボンTHE BEST 講 (KCデラックス)天才バカボン誕生40周年記念天才バカボンTHE BEST 講 (KCデラックス)
(2007/10/17)
赤塚 不二夫

商品詳細を見る

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ   

日記のようなもの  コメント2  トラックバック:0  ページトップ▲
 

Comment

色んな想いがよぎりますね・・・

何だか、予想をはるかに上回るような事態になってしまったんですね・・・。

この間、TVで江原さんが言ってました。

この世の中、無くなったり取られたりするものが多いけど(お金とか)、
「経験」だけは誰にも奪う事ができない。
それは一生ものの財産ですよ、と。

まはろさんが、その会社で積み重ねてこられたもの全て、ステキな財産だと思います。
嬉しかった事も、大変だった事も。
お好きだった職場がなくなるかもしれないのは悲しい事ですが、「経験」はこの先もずっとなくならない、そう思います。

>貴里さま

残ったみんなの愚痴をずっと聞いていたけど
何か私はいいタイミングで辞めたみたいで
申し訳ないような気持ちも有りつつ
自分の運の良さに感謝してみたりもww

同僚のみんなとは折角仲良くなれたので
このご縁も大事にしたいなーと思います。
コメントする

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まはろ

Author:まはろ
「いつの日かハワイ永住」を夢見て生きる30代独身フリーター女。負け犬と呼ばれてもちーともへこたれないむしろ上等かかってこいやゴラァ


■ 座右の銘
「明日の為に今日も寝て、今日の為に明日も寝る」
by大山昇太(男おいどん)

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
Google
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS/QR
QRコード
いろいろ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。